2010年06月22日

事務用品は宝の山です。

鉛筆を紙に滑らせたときに、芯と紙との摩擦で芯が細かい粒子になり、紙に顔料の軌跡を残すことで筆記される。日本国内で使用される封筒は1枚の紙を折り、長方形の形で供給される。鉛筆は「Pencil」の訳であるが、この語の由来はラテン語で”筆”又は”書くための小さい尻尾”という意味のペニキラス(penicillus)か、あるいは元々の原料であった鉛(plumbum;プルンブム)のどちらかに由来すると考えられている。ファイル:定規.jpg thumb right 200px さまざまな素材の定規定規 (じょうぎ、定木)は、線分や曲線、角を引くときに用いる文房具である。定規とコンパスによる作図(じょうぎとコンパスによるさくず)とは、定規(定木:直線を引くための道具。現在の一般的な鉛筆の構造は、芯はグラファイト 黒鉛と粘土を混ぜて焼いたもので、軸は木材を張り合わせたもので、断面は六角形 正六角形や円_(数学) 円や、三角形(まれ)などである。
posted by ぬぬ at 18:36
"事務用品は宝の山です。"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。